スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > メダカ捕りにいこか

メダカ捕りにいこか

2012年11月01日

  とある休日の昼下がり、息子(3歳)の昼寝をさせるため
  いつものように車のチャイルドシートにのせ、近所をドライブ
  
  お決まりのコースを走っていると、ふだん何気なく渡っている小川の橋に差し掛かったとき
  ふとメダカのことを思い出し、(この川メダカおりそうやなー)と思い、息子に「メダカ捕りにいこか」と聞くと
  「いくー」とふたつ返事、車をUターンさ自宅へ

  物置に直行し、使えるものを物色、とりあえず虫取りあみと虫かごとバケツを車に積み
  息子を連れて小川へ

  小川は、幅約1M、深さ約20CMから深いところで50CM、流れはおだやか
  これなら3歳児でもいけそう、怖がるかと思いきや手をとって中へ入れてやると意外と普通に歩きまわっていた

  早速メダカ探索、と腰をかがめゆっくり歩きながら川底をのぞいていると、ちっさい子メダカの群れを発見
 (おーメダカの学校やなー)などと感心していると虫取りあみを岸に置いたまま川へはいってしまったことに  
  気づいた、あみの置いてある所に目をやると
  たまたま息子が近くにいたので「そのあみとって」とたのむと「じぶんがする」と言い出した、(またか・・)
  というのも、うちの子も例に漏れず最近なんでも自分でしたがる年頃のようで

  1回はやらせないと気が済まないので、ふたたび川底に目をやり探しているとすぐにメダカの群れを発見
  (けっこうおるなー)とおもった瞬間、ななめ後ろにいた我が息子、いきなり上段の構えからあみを水面に
  振り下ろした
  「バッシャー」という水のはねる大きな音と同時に、となりにいた私に水はかかるはメダカは逃げるは
  おまけに「もう一振り」と持ち上げたあみが水草にひっかかり、あえなくあみはやぶれてしまった
 
  (古いあみやったからなー・・・うん~)と思案しながらあたりを見渡しても持ってきたのは虫かごとバケツだけ
  ダメもとで虫かごでチャレンジ、なかなか虫かごには入ってくれません、そうこうしているとだんだん腰が痛く
  なってきたので腰をのばしたとき、こちらにおしりを向けた我が息子が何かをやっている姿が・・・

  「おーそうかー!」 と、どうやらまた、お時間がきたようで、うしろ髪をひかれつつ?これにて失礼いたします。
 
                                     ごしま
  
  

  

ブログ一覧へ戻る

花浄院の新家族葬

※ 費用は、部屋代・人件費・供養代・お料理代等が含まれています。

  • シンプルな
    家族葬プラン

    シンプルな家族葬プラン

    会員45万円 ~10名目安

  • アットホームな
    家族葬プラン

    アットホームな家族葬プラン

    会員65万円 ~15名目安

  • お花で送る
    家族葬プラン

    お花で送る家族葬プラン

    会員85万円 ~30名目安

  • オリジナル
    家族葬プラン

    オリジナル家族葬プラン

    会員105万円 ~30名目安

お葬式相談会

メニュー

セレモニープラス

特約店一覧はこちらから!!
特約店一覧はこちらから!!

北神戸店

お葬式相談室 花浄院 宝殿店

ページトップへ戻る

Copyright © Hokushinsya All Rights Reserved.